髪の広がりを抑えるシャンプー【美容室御用達】

 

女性が髪について抱える悩みは様々ありますが、
とくに湿度が高い日には髪の広がりがおおいに気になります。

 

これが1日や2日のことであれば細かく対処することもできるのですが、
毎年6月から7月の1ヶ月間以上は梅雨の時期を迎えることになりますので、
毎回のようにお手入れするのでは手間が掛かるうえにヘアスタイルが決まらないのでは気持ち的にも沈む事になります。

 

湿気により髪の広がりが生じる原因としては髪に含まれる水分量が大きく関係しており、
髪は部位ごとに水分量が十分であれば不十分である場合もあるですが、
湿度が高い空気と触れて髪が膨張する際にそれぞれ膨張する割合が異なることから、
全体として見た時に大きなうねりが生じることになり、
結果としてヘアスタイルが崩れていることに繋がります。

 

また髪の水分量だけでなく髪の表面のキューティクルに問題が生じたことが原因になるケースがあり、
特に髪が傷んでいる方の場合は要注意になります。

 

キューティクルとは三層で構成されている髪の一番外側の部分のことを指していて、
この表面にある細胞は屋根の瓦や魚のうろこのように重なり合う形状をしています。

 

髪が傷むようになるとこのキューティクルが開いたり剥がれ落ちることになりますので、
そこから空気中の水分を吸いこんでしまうと髪がうねる原因になります。

 

こうした髪の広がりを抑える対処法としては一般的にトリートメントを念入りに行い
スタイリング剤を利用することが勧められる場合もあるのですが、
それ以外にもこれまで使用していたシャンプーをアミノ酸系シャンプーに変えると
より効果的に髪の広がりを抑えることが可能になります。

 

アミノ酸系シャンプーは髪に優しい成分が配合されていることに加えて、
髪の潤いを保ち保湿力を高めてくれるアミノ酸を補給することができますので、
とくに無添加アミノ酸系にこだわったラフィーシャンプーを使えばより高い髪を抑える効果を引き出すことができます。

 

 

 

 

ラフィー シャンプー 口コミ